こんにちは!

地味めな画像で今日はお届け!

海外の極で散開を決める方法が斬新だったので、再度記事にします。

前のサイトで書いたことがあるので、再掲載です。

極シタデルボズヤを例に

旬から遠ざかったじゃないか、全然人が来ないぞ。と海外の方もその当時唸っていた極シタ。

今は人も増えたしで行く人も増えたかな?

さて、その当時私は極シタへ行こうとしていました。

散開図を決めるマクロをぽちぽちと作っていた、その時。

そのマクロを見たフレンドさんが、マクロなんか使わないぞ〜と。

え?

どうすりゃいいんだ・・・。

と、取り敢えず行ってみることに。

頭割りグループの決め方

まずは頭割り、2グループに分かれますよね?

1は北・西ね。2は南・東ね。

ここまではそうだよね、と納得。

グループ分けが、まさかのマーカーを使っての決め方。

1マーカーには北・西メンバー4人、2マーカーには南・東メンバー4人。

そう、マーカー側に好きなように立って4人ずつ分かれていました。

あーなるほどなぁ、と思っていると。

散開の決め方

終始散開があるこの極ですが。

散開の決め方もこちらの図のような感じ。

例えばステージに置かれているマーカーがこんな感じだったら、散開場所を決めているマーカーの角の位置にそれぞれ立つ。

1マーカーを置いて、その角に皆移動している事が多かったかな。

しかし1と2の場所はヒーラー、3と4はタンク、と決まっているのでDPSはABCDのいずれかの位置に移動。

直感的に分かりやすい

この2つを決めた後、マーカーは消して元のようにステージに配置し、開始地点にて散開図に分かれた状態で目視確認。

これでスタートです。

ちなみにマクロを使わない極でマクロを流すとなんだなんだ!?とザワザワします。(流した事がある)

確かにこれは分かりやすい。

簡単な散開の極なら、マーカーで決めるのもアリなのかなと。

結論

流行れ!

 

では、また。